バックアップ!

パソコン操作

効率的なバックアップ

データ復旧が必要になってしまう事態を避けるためには、どうしたら良いでしょうか。データ復旧のリスクを避けるにはバックアップを取ることが有効なのです。そこで、重要なデータを専用のファイルを作るなどして避難させ、そこに対してバックアップを取りましょう。こうすることで、重要なデータだけを効率よくバックアップすることができ、データ復旧がなくても、安全にデータを保管できるのです。データ復旧が必要になる状況はどのような状況でしょうか。例えば、フロッピーディスクなどの磁気テープの場合は、磁石を近づけてしまうと壊れることがあります。強い磁石であればもちろんですし、冷蔵庫に貼るような小さな磁石であっても、古いタイプのデータ保管装置だと壊れてしまうことがあるのです。このため、そのような古いタイプのデータ保存装置を使っている場合は、磁石に近づけないように気をつけましょう。しかし、最近のものでは、かなり磁石に強いものが多くなっています。例えば、パソコンに磁石を近づけても、すぐに壊れるという事はありません。もちろん、あまりに強すぎる磁石は別ですよ。??では、HDDなどのパソコンにデータを保管する装置が壊れるのは、どのような場合でしょうか。大きな原因として考えられるのが、落としてしまったり、ぶつけてしまったりといった物理的な衝撃によるものです。このような依頼で多いのは、ノートパソコンです。デスクトップパソコンは、1カ所に保管しておいて、動かすことがほとんどないため、このような依頼がすくないのです。